口唇炎と口唇ヘルペスの違い

口唇炎口唇ヘルペスの違い

口唇ヘルペスに似た言葉で口唇炎というのがあります。口唇炎は口唇ヘルペスとは全く違う病気で、その原因が大きく異なります。

口唇ヘルペスは単純ヘルペスウィルスというウィルスが原因で感染する病気で、この単純ヘルペスウィルスは感染力が強く、人から人へとうつるのに対し、口唇炎は原因が、口紅やフルーツなどの食べ物からのアトピーや紫外線、そしてビタミン不足によるもので、人から人への感染力はありません。

また症状も異なります。口唇ヘルペスが唇や唇の周りに水ぶくれができるのに対し、口唇炎は唇の皮が剥けたり、唇が割れたりします。

口唇炎の場合、乾燥も大きな原因の一つですので、部屋の中に加湿器を置いたり、ワセリンなどで、唇を保護するのも良いでしょう。

口唇ヘルペスの治療法ですが、医者に行ってとにかく早く薬を塗るのが一番です。水ぶくれになる前に薬を塗ることができれば、治療できます。

口唇炎の場合は、原因により治療方法が異なりますが、ビタミン不足の場合はフルーツの摂取、それからUVカット成分配合のリップを塗るのも治療法の一つになります。いずれにしても口唇炎の場合は、原因の追究がまず必要で、治療方法は原因によって決定した方が良いでしょう。

ozakipon12 at 13:51│clip!口唇ヘルペス 原因