インナードライ肌を改善したい方へ

■オイリー肌なのに乾燥、やっかいなインナードライ肌

 

見た目には皮脂が多く乾燥しているようには見えないのに、笑った時などにつっぱり感が生じる場合にはインナードライ肌かもしれません。

 

インナードライ肌とは肌内部の水分が極端に少ない状態で皮脂ばかりが過剰に分泌されている肌のこと。

 

オイリー肌とは違い肌のうるおいが不足していることによって起きている症状です。油分が目立つので肌の乾燥の自覚はなくオイリー肌だと信じていると乾燥によるシワなどを助長してしまうので注意が必要です。

 

■インナードライと角質バリア機能の関係

 

肌内部の水分不足により生じる皮脂過剰ですが、何故そのようなことが起きるのかと言うと原因は角質バリア機能低下によるものです。

 

肌表面は角質層で覆われていますが、この角質層が肌の水分を外に逃がさないようにしっかりバリアをしてくれています。

 

さらに掘り下げると角質層にはセラミドという天然の保湿成分が備わっていてこれがバリア機能の役割りを果たしているのです。ですから角質バリア機能を正常にするにはセラミドがとても重要な成分となります。

 

ところが年齢などが原因でセラミドはどんどん減少してしまい、このことによりインナードライ肌になってしまいます。

 

■インナードライ肌の改善方法はセラミド配合の化粧水が有効

 

角質のバリア機能低下→肌内部の水分不足→皮脂過剰分泌という方程式でインナードライは生じますが解決するためにはバリア機能を正常に戻してあげることが必要です。

 

そのためには角質層で重要な働きをするセラミド配合の化粧水を使うと良いでしょう。

 

肌内部で足りないセラミドを化粧水で補うことで角質のバリア機能は回復していきます。

 

インナードライ肌を改善する基礎化粧品はコチラ