肌が弱くてインナードライにお悩みの方へ

■肌が弱いのはバリア機能低下が原因

 

睡眠不足や生理前などの影響が肌荒れとなって現れる方は肌が弱くて敏感です。

 

このような肌になってしまうのにはさまざまなことが関係しますが、根本的な原因は肌のバリア機能の低下です。私たちの肌は角質層のバリア機能によっていろいろな刺激から守られています。

 

同時に肌内部の水分もバリア機能によって蒸発しないように守られているのです。ところがこのバリア機能が低下していると肌が刺激に抵抗できなくなり乾燥や肌あれなどを生じてしまうのです。

 

■見た目には分かりにくいインナードライ

 

バリア機能が低下することでインナードライ肌を引き起こしてしまうこともあります。

 

インナードライ肌とは肌内部の水分が少なく逆に皮脂が多くなっている肌を指します。これは皮脂の性質に関係していて皮脂は水分が少ないと多く分泌する性質があるためインナードライ肌になるのです。

 

インナードライ肌の肌表面は皮脂が過剰なため見た目の乾燥は目立ちにくいのですが内部の乾燥は激しく進んでいるためにさまざまな肌トラブルを起こしやすくなります。

 

■インナードライの解決方法

 

インナードライ肌は角質層のバリア機能が低下しているので十分な保湿が必要です。

 

通常の化粧水に加えてローションマスクでのお手入れなどもおこない過剰なくらい水分を与えてください。化粧水は与えすぎても肌に悪いことはありません。化粧水の選び方のポイントは肌内部までしっかり浸透する処方がなされているものなどを選ぶとより効果的です。

 

水分をしっかり与えたあとは逃がさないように乳液も忘れずにつけましょう。肌が弱いとお悩みの方は保湿の方法を見直して丈夫な肌を目指してください。

 

肌の保湿バランスを整えバリア機能を高める基礎化粧品はコチラ