カサカサ肌を改善したい方へ

■お手入れしても効果がないのは何故?

 

お手入れをしっかりしているのにカサカサ肌が治らない、皮脂は多いのになんだかつっぱる、こんな悩みを抱えている女性は少なくありません。

 

その原因はインナードライかも。肌のバリア機能が低下することで水分不足になり皮脂ばかりが分泌されてしまうインナードライはただ水分を与えるだけでは改善されにくいのです。

 

■インナードライの原因は

 

インナードライの原因は肌内部の水分不足ですが角質層の働きが影響しています。

 

角質層は肌表面の皮膚組織となり肌を守る大切なふたの役割りをしています。角質層が機能することで水分が保持され、またさまざまな外的刺激から肌を守ってくれているのです。

 

ところが年齢などにより角質層の機能が少しずつ低下をしてしまいます。そうするとバリア機能が弱くなり肌内部の水分不足を招くことになるのです。

 

■角質層の機能に重要な成分セラミド

 

角質層にはセラミドという潤いの成分が存在しています。

 

セラミドは角質で作られますが年齢とともに作られなくなり機能も低下してしまいます。ですから肌のバリア機能を高めるためにはセラミドが重要なカギを握るのです。今までいろいろな化粧水を使っても肌が良くならない場合にはセラミドが関係しているかもしれません。

 

特にインナードライによるカサカサ肌にはセラミド配合の化粧水は有効です。セラミド配合の化粧水はたくさんありますが、できればナノ分子まで細かく設計された成分のものがおススメです。

 

肌は分子の大きい水などは浸透しないのでできるだけ分子の小さい処方の成分の方が肌の奥深くまで浸透するので効果が表れやすいのです。

 

浸透しやすいセラミド配合|しっかり保湿の基礎化粧品はコチラ