顔のかゆみが気になっている方へ

■顔のかゆみが止まらない!それはバリア機能低下のサイン

 

季節の変わり目や生理前など肌が敏感に偏りがちになり顔のかゆみが生じやすくなります。

 

顔のかゆみは角質層が外部から何らかの刺激を受けることで生じますが本来健康な肌状態であればかゆくなりません。何故外部からの刺激を受けやすくなるのかと言うとそれは角質層のバリア機能が低下しているから。

 

角質層のバリア機能がしっかり働くためには角質層にあるうるおいの元セラミドがしっかり蓄えられていることが重要になります。

 

■肌のバリア機能の主役セラミドとインナードライ肌の関係

 

肌が敏感に偏りがちな方は角質層にあるセラミドとNMF(アミノ酸)が通常よりも減少していることが解明されています。

 

この2つの成分はもともと私たちの体で作られるものですが年齢やさまざまな外的要因で作られにくくなってしまうのです。そのことにより敏感肌特有のインナードライ症状も起こしてしまいます。

 

インナードライとは肌の水分が少なく皮脂ばかりが過剰に分泌される症状です。皮脂が過剰に出る事で顔にほこりや雑菌なども付着しやすく余計にかゆみを生じることもあります。

 

■バリア機能を高めてインナードライを解消すればかゆみも軽減

 

かゆみの原因インナードライを軽減するにはバリア機能を高めるお手入れが必要です。

 

十分な保湿をまずは心がけてください。さきほどあげたようにインナードライの原因はセラミドやNMFの不足によるものですから、そういった成分が配合されている化粧品を使うとダイレクトに肌に働きかけ回復も早くなります。

 

保湿でかゆみを改善|インナードライを改善する基礎化粧品はコチラ